起業には会社設立代行サービスを利用すべし

こんにちは!
株式会社アナザーパス代表の高橋です!

今回は、「起業する際には会社設立代行サービスを使うべし」というテーマについてお話ししていきます。
起業というと、難しい印象を持っている方も多いのではないでしょうか?

「手続きが多そう・・・」
「自分で一から全部やらないといけない・・・」

イメージだけでそう思っているのではないでしょうか。

実際に私は2017年に株式会社アナザーパスを設立しましたが、設立するのは「めちゃくちゃ簡単」でした。
なぜなら、「会社設立代行サービス」を利用して手続きを丸投げしたからです。

以下で、会社設立代行サービスについて詳しくお話ししていきますね。

会社設立代行サービスとは

会社設立代行サービスというのは、その名の通り会社設立時に必要となる書類の準備や手続きなどを代行してくれるサービスです。

実際、この手のサービスはネットで検索すると複数ありますが、断言します。
起業家にとっては、神サービスです。

会社設立代行サービスを利用するメリット

メリットには主に下記の点が挙げられます。

  1. 結果的に費用が抑えられる
  2. スピーディー
  3. 手間がかからない
  4. 仕事に集中できる

それぞれ説明していきます。

1.結果的に費用が抑えられる

まず、会社を設立する際には、収入印紙代や手数料を含めて約20万円がかかります。
これはどうやっても節約できない費用です。

しかし、会社設立費用の中でも唯一節約できる可能性がある費用があります。
それは、定款の作成費用です。

定款についての説明は割愛しますが、この定款は会社設立の際に作成必須のものであり、
紙の定款か電子の定款かを選択できます。

紙の定款を選んだ場合、定款作成費用に加えて「印紙代」が4万円かかります。
一方、電子定款の場合は紙ではないので「印紙代」は0円です。

そのため、会社設立の際には「電子定款」を選択した方が費用が抑えられるのですが、電子定款の作成には専用の機械を購入しなければいけません。
そして、その機械がなんと4万円以上するのです。
これでは、電子定款を選ぶ意味がないですよね。

そこで会社設立代行サービスの出番です!
会社設立代行サービスの業者は、電子定款を作成する機械を保有しており、
起業家に代わって「電子定款」を作成してくれるのです。

会社設立代行サービスの代行手数料は、業者によって異なりますが大体8,000円〜12,000円程度です。
この費用がかかる代わりに、紙の定款の場合には払う必要があった「印紙代」4万円を払わなくて済むのです。

つまりまとめると、

「会社設立代行サービスの利用料約1万円を支払うことで、4万円の印紙代の支払いを免れる」
=
「1万円払って、3万円得する」

ということです。

あら不思議。

もはや、この時点で会社設立代行サービスを使わない意味がないのです。

2.スピーディー

起業する際に、会社設立に必要な各種書類などを調べたり、用意したりするのは大変です。
会社設立代行サービスであれば、漏れなく・不備なく・スピーディーかつ正確に必要な書類を全て用意してくれます。
大切な「時間」が節約できるのです。

3.手間がかからない

前項と重複しますが、会社設立代行サービス側で必要書類は「そのまま提出できる状態」で用意してくれるので、
起業家が行うのは法務局や税務署に書類を提出することだけです。

4.仕事に集中できる

当たり前ですが、起業家の本分は「ビジネスに集中する」ことです。
会社設立の事務手続きなんかに貴重な時間を奪われている場合ではありません。

面倒な事務手続きは会社設立代行サービスに丸投げしてしまい、少しでもビジネスに充てる時間を増やしましょう。

会社設立代行サービスを利用する流れ

利用の流れは下記の通りです。

  1. 利用するサービスを探して問い合わせる
  2. 各種情報を渡す
  3. 書類が送られてきたら各所に提出する
  4. 会社完成

簡単に見ていきましょう。

1.利用するサービスを探して問い合わせる

インターネットで「会社設立代行サービス」と検索しましょう。
その中で「良さそうだな」と思った業者に問い合わせましょう。

2.各種情報を渡す

業者に問い合わせると、会社設立に必要な情報を記載するフォーマットが送られてきます。
それに従って各種情報を渡します。

3.書類が送られてきたら各所に提出する

後は書類の完成を待つだけです。
各所に提出すべき書類を業者側が作ってくれます。
この時、会社の印鑑が必要なので印鑑は事前に作っておきましょうね。

4.会社完成

必要書類が送られてきたら、公証役場、法務局、税務署などの役所に書類を提出しましょう。
書類に不備がなければ無事に会社の設立は完了です。
※会社設立代行サービスが作った書類には不備はまずありません。

実際に使ってみた感想とおすすめの業者

私がアナザーパスを設立した際に利用したサービスは下記の通りです。

会社格安センター
https://www.kaisha-kakuyasu.com/

名前がなんとも怪しいのですが、私が実際に使ってサービスのクオリティ・スピード共に大満足だったので、
自信を持って紹介させていただきます。

料金は8,360円(税込)と業界でもかなり安い方です。
しかも、印鑑の作成サービス(有料)や税理士紹介サービス(しつこい勧誘は一切なし)などの付随サービスも充実しています。
※私はどちらも利用しました。

利用した感想ですが、「起業する人は全員使えばいいのに」です。

それくらい大満足のサービスです。

※ちなみにPR案件とかではございません。

経営者の仕事は「実業」であって「雑務」ではない

起業家にとって会社は「我が子」のような存在です。
しかし、だからといって貴重な時間を使って他の人にも任せられる設立の事務作業を「自分で」行うのはナンセンスです。
「我が子」を少しでも成長させられるよう、「実業」に少しでも多くの時間を割くのが起業家の使命ではないでしょうか。(カッコつけ過ぎました・・・。)

ということで、今回は「起業の際には会社設立代行サービスを利用すべし」というテーマでした!